簡単なことから始めよう

ここからは、アコースティックターが上達するために、

具体的な練習方法などを紹介して行きます。


基本的な弾き方が分かったら、あとはひたすら弾くだけです。

「え?それだけ?」と思うかもしれません。


もちろん、難しいテクニックや、音楽的な勉強も必要になります。

でも、まずはギターを楽しむことから始めましょう!

 

楽しむことが大事

楽器は、弾けば弾くだけ上手くなります。


ですから、ギター上達に一番大事なのは「ギターを弾きたい」

というモチベーションを維持することです。


最初から難しいことばかりやっても、なかなか上手くなりません。

練習の効果が実感できないから「出来ない」と思ってしまうんですね。


簡単なことから始めれば、練習の効果はすぐに感じることができます。

「上手くなってるな」と感じることができれば、

「次も頑張ろう」と思えてきますよね?

 

簡単なことからステップアップ

簡単なことを、楽しみながら徐々にステップアップして行けば、

いつの間にかとても難しいことまで出来るようになっています。


例えば、ギターを弾く人の最初の難関と言われている『F』のコード。

最初からいきなりコレが弾ける人はほとんどいません。


筆者は、最初は『A』や『E』などの簡単なコードから覚えました。

その後に、難しいと聞いていた『F』のコードを弾いたときは、

「ずいぶん簡単だな」と感じました。


先に『E』のコードの押さえ方を知っていたので、

『F』はそれに"人差し指を足す"だけで弾くことができたのです。


pic17.gif


簡単なことから、徐々にステップアップして行けば、

ギターを弾くことを楽しんでいるだけで、

自分でも気づかないうちに上達できるのです。


難しいことは後回しにしてもいいんです。

むしろ難しい技術は、後から学んだ方が短期間で習得できるので、

結果的に時間もかからず効果的に上達できるのです!


テレビ東京『ナナクロ7』でも紹介の人気上達マニュアル


 


バナー

 

 

 

アコースティックギター上達編 関連ページ

このページの先頭へ