アコースティック・ギターの種類

アコースティックギターとひと口に言っても、様々な種類があります。
タイプによって、形だけでなく、構造や出てくる音も違ってきます。

 

 

3種類のアコースティックギター

一般にアコースティックギターと呼ばれるギターは、
大きく3つに分けることができます。

 

スティール弦ギター

ひとつめが、いわゆる普通のアコースティックギターです。
ボディーの表面(トップ)がフラットになっていて、
スティールの弦が張ってあります。

 

弾き語りやポップス・ロックなど幅広いジャンルの音楽で使われています。

 

ガットギター

形は普通のアコースティックギターと似ていますが、
ナイロン弦が張ってあるものが"ガットギター"です。

 

もとは、ガット弦(羊の腸)を張っていたギターで、
クラシックギターとも呼ばれます。

 

その名のとおり、クラシック音楽などに向いています。
ボサノヴァなどのラテン系の音楽で使用させることも多いです。

 

エレクトリック・アコースティックギター

3つめが、エレクトリック・アコースティックギターです。
略して"エレアコ"なんて呼ばれたりしています。

 

アコースティックギターに、ピックアップ・マイクを付けることで
エレキギターのように、アンプで鳴らすことができます。

 

ガットギター・タイプの"エレガット"なんてモデルもありますが、
スティール弦を張るタイプが一般的です。

 

アンプを通して大きな音を出すことができるので、
他の楽器と一緒に演奏しても、音が埋もれることはありません。
バンド内で活用したり、ライブの時に使われることが多いです。

 

 

やりたい音楽を具体的にしよう

どの種類のアコースティックギターを買うべきかは、
あなたが、どんな音楽をギターで弾きたいかによって変わってきます。

 

それぞれのギターの特徴を良く知った上で、
自分の好みや、やりたい音楽に合わせたギターを手に入れましょう。


 

 

テレビ東京『ナナクロ7』でも紹介の人気上達マニュアル

 

アコギ