指弾きのときの指使い

アコースティックギターには、ピックを使わずに弾く奏法もあります。


"指弾き"や"フィンガー・ピッキング"と呼ばれる奏法は、

ピック弾きよりも更に強弱のニュアンスが付けやすく、

感情表現も更にやりやすくなります。

 

指使いを覚えよう

指弾き(フィンガー・ピッキング)はその名からわかるように、

指で弦を弾くテクニックです。


親指~薬指までを使う、フォー・フィンガー

親指・人差し指・中指の3本を使う、スリー・フィンガーが主流です。


もちろん、5本全ての指を使う人や、2本しか使わない、1本しか使わない

と言った演奏家もいますが、それらは特殊な例として考えましょう。


スリー・フィンガーも、フォー・フィンガーも、

どの指でどの弦を弾くかは、大体決まっています。


pic30.gif


親指は、低音側の弦を担当して、その他の弦を一本ずつ他の指が担当します。

使うコードやフレーズによって、多少指使いが変化することもあります。


まずは、狙った弦を確実にヒットできるように、

何度も練習して弦と指の位置関係を覚えてしまいましょう。

 

フィンガー・ピッキングのフォーム

指弾きのフォームは、親指の付け根の位置を基本に考えましょう。

親指の付け根が、サウンドホールの端くらいに位置するように構えます。


(サウンドホールが無かったり、特殊な形のギターを使っている場合は、

下の写真を参考に手の位置を決めましょう。)


pic31.jpg


手首から先をリラックスさせて、弦よりも少し浮かせる感じに構えます。

全ての弦に同じように力が入れられるように意識しましょう。


親指のピッキングは、弦を上から下に向かって弾くようにします。

人差し指~薬指は、弦を下から上に向かって弾きます。


指弾きの時に、爪を伸ばして弾く人と、爪を切って弾く人がいます。

爪を伸ばして弾く時は、指と爪の付け根くらいで弦をヒットするようにします。


爪を切って弾く場合は、指の腹~先端あたりでヒットすると弾きやすいでしょう。


爪で弾くと、ピックで弾いたときのように硬い音が出ます。

指先で弾くと、柔らかい音になります。


爪弾きと指弾き、どちらが良い・悪いということではなく、

自分の弾きやすい方や、音の好みで選んでしまって良いでしょう。


筆者は他の楽器も演奏するので、

邪魔にならないようにいつも爪は切っています。

それでも力加減によって強い音は出せるので、特に問題はありません。


テレビ東京『ナナクロ7』でも紹介の人気上達マニュアル


 


バナー

 

 

 

さらに上手くなる 関連ページ

このページの先頭へ