ストラップ

クラシック・ギターとは異なり、アコースティックギターを人前で弾く場合
立って弾くことがほとんどです。
その時に必要になるのが、ストラップです。

 

 

自分に合ったものを選ぼう

「俺はどんな時でも座ってギターを弾くぜ!!」と思っている人や
「人前で演奏することは絶対にない」と思っている人には必要ありませんが、
そうでない場合は、やはりストラップは持っておいた方が良いでしょう。

 

それほど高価なものでもないので、余裕があるときに買っておきましょう。

 

ストラップの選び方に特に難しいことはありません。
楽器屋さんに行けば、たくさんの種類の中から選ぶことができます。
見た目の好みで選んでしまって良いでしょう。

 

良く使われている素材は、ナイロンや布、革などです。
革製のものは、値段も高いですが、耐久性があって格好良いです。
人工皮革の、安いモデルもあります。

 

ナイロンや布でできたものは、軽くて値段も安い。
色や模様がカラフルで、デザインも豊富です。

 

ストラップの幅もたくさんあります。
幅が太い方が、肩にかかる負担は少なくなります。
ただし、太すぎると演奏の邪魔になってしまうので、体格に合わせて選びましょう。

 

 

アコギで使う時の注意点

エレキ・ギターの場合、ストラップをとめる"エンドピン"は、
ボディーの前後に2つ付いています。
しかし、アコースティックギターの多くは、ボディの下側にしか付いていません。

 

その場合、ストラップの片方の穴に紐を通して、ネックとヘッドの境目に結びます。

 

pic38.jpg

 

余った紐がダランと垂れて、弦に触れてしまわないように注意しましょう。
ヘッドに取り付けるバンドのようなグッズもあります。
落ちにくくて安心ですし、見た目も格好良いのでおすすめです。


 

 

テレビ東京『ナナクロ7』でも紹介の人気上達マニュアル

 

アコギ

ストラップ関連ページ

ケース
アンプ
エフェクター
カポ