中古ってどうなの?

アコースティックギターを手に入れる方法は、新品で買うだけではないですよね?

中古で買うこともできますし、誰かから貰うこともできます。

最初から家にある、なんてこともありますよね?


いまは、インターネットのオークションで、

とても簡単に安く中古のギターを手に入れることもできます。


実際、筆者が今使っているギターも、

ネットオークションでかなり安く手に入れたものです。


しかし、初心者の皆さんには、

中古でギターを買うことはおすすめできません。

 

おすすめできない理由

アコースティックギターは、痛んだり消耗したりしやすい楽器です。

湿度が変わるなど、環境のちょっとした変化でもボディーやネックに影響がでます。


ある程度知識や経験のある上級者ならば、

ちょっと見ただけでもギターの状態を判断することができます。


日頃自分でメンテナンスを行っている人ならば、

少しぐらいの不具合でも対処することができます。


しかし、これからギターを始めようと思っている人が、

お店でちょっと見ただけでは状態など判断できませんよね?

直に手に触れて見ることのできないネットオークションなら尚更です。

 

ネックとフレットに注意しよう

中古ギターで一番注意しなければいけないのは、ネックとフレットの状態です。

ネックが曲がっていたり、フレットがすり減った状態では、

正確な音程が出せなかったり、音のビビリや演奏性に問題が出てきたりします。


これも上級者ならば、少し見れば判断できることなのです。

でも初心者のあなたが、いきなりネックの状態を診断することなんてできないですよね?

もしかしたら、ネックなんて気にもかけずに買ってしまうかもしれません。


他にも、注意して見るべき点はたくさんあります。


・ボディの表板が波打ったり変形していないか?
・内部のブレージングが剥がれたりしていないか?
・ブリッジが浮いてしまってはいないか?
・ペグが緩んでいないか?
・ブリッジのサドルの高さは適正か?
・ブリッジピンが破損していないか?


などなど、おそらく初心者の人には何の事だか全く分からないと思います。

しかも、これは注意すべき点のほんの一部です。

これらのことを店頭で判断するのは到底無理ですよね?


それでも、どうしても中古でギターを手に入れたい場合は

ギターのことを良く知っている

上級者の人と一緒に行って見てもらいましょう。


練習の時に、弾き難いギターを使っていたらなかなか上達できません。

面倒な思いをしながら弾いていたら、嫌になってしまいますよね?

途中で挫折しないためにも、しっかりとメンテナンスのされたギターを選びましょう。


テレビ東京『ナナクロ7』でも紹介の人気上達マニュアル


 


バナー

 

 

 

ギターを手に入れよう 関連ページ

このページの先頭へ