ピックで弾く

ギターの構え方が分かったら、次は実際に音を出してみましょう。

アコースティックギターは、ピックで弾く方法と、指で弾く方法があります。


スティール弦を張ったアコギの場合、いきなり指で弾くのはちょっと難しいです。

ですから、最初はピックを使って弾いてみましょう。

 

持ち方

ピックは、利き手の親指と人差し指で持ちます。

ピックの真横になるように親指を置いて、裏側から人差し指で固定します。

親指側から見て、ピックの先端が5mm~1cmくらい見えるように持ちましょう。


pic4.jpg


力を入れて持つ必要はありません。

かといって弱すぎると弦の力に負けて動いてしまいます。

自然な力加減で、親指と人差し指で軽く挟み込むように持ちましょう。

 

どれを使う?

ピックの種類はたくさんあります。

コードを弾くことが多いアコースティックギターでは、

おにぎり型で、ミディアムぐらいの厚さのものがおすすめです。


pic5.jpg


単音でソロ・ギターを弾く時は、ティアドロップ型で厚めのものを使うと

弾きやすくなります。


素材もいろいろありますが、初心者のうちはあまり気にしないで良いでしょう。

筆者は、爪によく似た感触の素材を良く使います。


ピックは消耗品ですので、常に何枚か手元に用意しておきましょう。

値段も安いので、いくつか買ってみてあれこれと試してみると

楽しいですよ。


テレビ東京『ナナクロ7』でも紹介の人気上達マニュアル


 


バナー

 

 

 

アコースティックギター入門編 関連ページ

このページの先頭へ