おすすめのギター

予算と見た目で、楽器屋さんにあるギターを5〜6本に絞り込んだら、
いよいよ試奏をしてみましょう。

 

 

試奏してみよう

初心者の場合「試奏なんて恥ずかしくてできない」と敬遠してしまいがちですね?
でも、楽器の音と弾き心地を確かめることはとても大事です。

 

自分で弾く勇気が出ない場合や、何をしていいのか分からなときは、
お店の人に弾いてもらって、自分は横で聞いているのも良いでしょう。

 

知り合いに中級レベル以上の人がいれば、是非とも一緒に行ってもらいましょう。
試奏もしてもらって感想が聞ければ、大きなアドバイスになりますね?

 

音は誰か他の人でも出せます。
しかし、楽器の弾き心地は自分でなければわかりません。

 

手の大きさや体格はそれぞれ違います。
同じ楽器でも、弾く人によって弾き心地も変わってきます。

 

音を出すのが恥ずかしければ、実際にギターを構えてみるだけでもかまいません。

 

弾き心地で一番気にするべき点は、ネックの握り心地です。
ネックの太さや幅が、自分の手に合っているかどうか、しっかりと確認しましょう。

 

手が小さいのに、幅広いネックや分厚いネックだと、弦をおさえるのが難しくなります。
逆に手が大きい人が細いネックを使うと、窮屈に感じることもあります。
実際に握ってみて、無理なく、自然に手が収まるネックを選びましょう。

 

 

どんなギターがおすすめ?

では、実際にはどんなギターがおすすめなのでしょうか?
初心者のみなさんには、できるだけネックが薄くて細いギターがおすすめです。
ボディーも小ぶりで、あまり厚みのないものが弾きやすいですね。

 

それから、高音が弾きやすいように、
片方のカッタウェイが引っ込んでいるものもあります。

 

将来、ソロ・ギターなどもやってみたいと思っている人は、
こちらの形がおすすめです。

 

pic1.jpg

 

また、アコースティックギターには、アンプで音を鳴らすことのできる
「エレクトリック・アコースティックギター」があります。

 

初心者向けのモデルの場合、値段的には、
生のアコースティックギターも、エレアコも、それほど大きな差はありません。

 

エレアコを弾く人は、エレキギターと一緒に使う人が多いです。
ですから、エレキからアコギに持ち替えても違和感が無いように、
ネックやボディーが薄く作られているものが多いです。

 

また、アンプを通して音を出すことで、
初心者でも綺麗に大きな音を出すことができます。
"楽しく練習できる"という点からも、エレアコ・ギターはおすすめです。


 

 

テレビ東京『ナナクロ7』でも紹介の人気上達マニュアル

 

アコギ