どれくらいの値段がいいの?

「ギターを選ぶときに一番最初に決めるのが"予算"である」

というのは、すでにお話ししましたね?


では、初心者が最初に手にするギターは、

どれくらいの値段のものが良いのでしょうか?

 

高価なものが良いとは限らない

ギターの価値は、ある程度値段を目安に考えることができます。

だからと言って、高価であるほどあなたに合っているかというと

そうではありません。


高価なギターは、装飾などの見た目も豪華ですが、

何よりも、良い音が出ることを最優先に作られています。


そのため、ある程度演奏性が犠牲になっている場合もあります。

また作りが繊細で、より丁寧なメンテナンスが必要になることも多いです。


初心者のうちは、高価なギターを買っても、

その良さを十分に引き出すことはできません。


また、メンテナンスも慣れていないので、

せっかくの高価なギターを台無しにしてしまう可能性も高いです。


初心者用のギターであれば、ある程度雑な扱いをしても大丈夫ですし、

初心者向けに少し弾きやすい形に作られているものが多いです。


これからギターを始めるときに、何が一番重要なのかを考えてみましょう。


音はすごく良いらしい(初心者では判断できない)、弾き難いギター。

それなりに良い音が出ている、弾きやすいギター


あなたにとって"今"必要なのは、どちらのギターでしょうか?

 

おすすめの価格帯

筆者がおすすめする価格帯は、だいたい3万円くらいのギターです。

あまりにも安い値段のものだと、ネックやボディーが弱く変形してしまいがちです。

また、チューニングが不安定だったり、すぐに音が狂ってしまうものもあります。


各メーカーが、初心者向けに力を入れている価格帯が、3万円程度のモデルです。

弾きやすくて、頑丈で、音もそれなりに良い。

そういったギターを選びましょう。


もちろん、あなたの考えている予算によっては、

もっと高価なものを選べるかもしれません。


どうしても高価なギターが欲しいと思うならば、それを選ぶのも良いでしょう。

やっぱり"好きなギターを弾く"というのが、

一番良いモチベーションアップの方法です。


しかし、初心者の演奏はどうしても荒くなってしまいますので、傷みは多くなります。

かと言って、ギターに遠慮して大人しく弾いていたのでは上達できませんよね?


どんなに高価なギターでも、初級者向けのギターでも、

"最初の一本は弾き潰す"覚悟でいてください。

それくらいでなければ、上達することはできません。


「一生弾けるギター」のことは、2本目以降に考えましょう。

 

付属品も忘れずに

ギターを買う予算を考えるときに忘れがちなのが、付属品です。

ギターケースやチューナーなどの必需品の他にも必要なものはあります。


消耗品である替えの弦やピック、ギタースタンドやストラップ。

ギターを綺麗にするクロスやポリッシュ。


これらの物も、ギターと一緒に買わなければいけません。

これら全てが、セットになっているものもあります。


合計で、数千円~1万円くらいするので、

ギターの予算にこれらの物がプラスされることを覚えておきましょう。


テレビ東京『ナナクロ7』でも紹介の人気上達マニュアル


 


バナー

 

 

 

ギターを手に入れよう 関連ページ

このページの先頭へ