アコギってどんな楽器?

自分のギターを手に入れたら、いよいよ実際に弾いてみましょう。

まずは、アコギってどんな楽器なのか、知っておきましょう。


アコギは『ボディ』『ネック』『ヘッド』の3つの部分に分けられます。

それぞれに、さまざまなパーツが付いています。


pic2.gif


これらのパーツ名は、この後の説明にも出てきます。

今すぐ全部を覚える必要はありません。

練習やメンテナンスを続けているうちに、自然と覚えてしまいますよ。

 

ヘッドにあるパーツ

それでは、それぞれのパーツについて、詳しく説明していきましょう。

まずは、ヘッドに付いているパーツです。

 

ペグ:

弦を巻き付けて、固定するパーツです。

ペグを回すことで、弦を引っ張ったり緩めたりして、チューニングを行います。

 

ナット:

ヘッドとネックの境目にあるパーツです。

弦の横位置を固定するとともに、解放弦の音を決定します。

 

ネックにあるパーツ

続いて、ネックにあるパーツを説明して行きましょう。

 

指板(しばん):

ネックの上に張られている板で、フィンガーボードとも言います。

指板の素材がギターの音にも影響してきます。

 

フレット:

指板に打ち込まれた金属の細い棒です。

フレットがあることで、指板上のどこをおさえても、

安定した音程を出すことができます。

 

ポジションマーク:

指でおさえるフレットの位置の目安となります。

たいていのアコギでは 3、5、7、9、12、15、17

のフレットに埋め込まれています。

 

トラスロッド:

ネックの反りを調整するパーツです。

ヘッド側にある場合もあります。

トラスロッドが付いていないアコギもあります。

 

ボディーにあるパーツ

最後は、ボディーにあるパーツです。

 

表板(トップ):

ギターの表側の板です。

側面をサイド、裏面をバックと呼びます。

 

サウンドホール:

ボディーにある大きな穴です。

穴のサイズや形が、ギターの音色に大きく影響します。

 

ブリッジ:

ボディー側で弦を固定するパーツです。

弦の振動をボディーに伝える役目を持っています。

 

ブリッジ・ピン:

弦をブリッジに押し込んで、固定するパーツです。

 

サドル:

弦のオクターブチューニングに大きく影響します。

(詳しくはチューニング・弦高調整の項目で説明します)

エレアコの場合は、サドルの下にピックアップがあります。

 

ストラップ・ピン(エンドピン):

ストラップを固定するためのパーツです。

ボディー下部だけでなく、ネック裏側の付け根にも付いているアコギもあります。


他にも、アコギにはいろいろなパーツがあります。

ひとまずは、今回紹介した分だけ知っていれば、演奏に支障はありません。


アコースティックギターが、どんな楽器なのか分かりましたか?

次は、実際に手に取って、構えてみましょう!!


テレビ東京『ナナクロ7』でも紹介の人気上達マニュアル


 


バナー

 

 

 

アコースティックギター入門編 関連ページ

このページの先頭へ