記号の意味

楽譜には、演奏上に必要な様々な記号が出てきます。
ただしこれも、全部を覚えようと思ったら、かなり多くの時間がかかります。
まずは、ギターの演奏に良く使うものだけ覚えておきましょう。

 

 

一般的な音楽記号

一般的な音楽記号で、ギターに良く使われるものをまとめてみました。

 

pic15.gif

 

ヴィブラート:

弦を上下に揺らして、音を揺らします。

 

スタッカート:

ピッキングした直後に弦の揺れを止めて、音を短く切ります。

 

アクセント:

記号の付いた音符を強く弾いて、音を強調します。

 

主に、感情表現や曲のダイナミクスにかかわる記号が多いですね。
ギターは、感情表現が出しやすい楽器だと言われています。
楽譜上にも、そういった特徴が表れていますね。

 

 

ギターに特有の記号

一方で、ギターという楽器に特有の記号もあります。
こちらは演奏技術に関わるものが多いですね。

 

pic16.gif

 

アップ・ダウンの指示:

ピッキングをアップで弾くか、ダウンで弾くかの指示です。

 

h・p:

それぞれ"ハンマリング""プリング"で弾きます。

 

ミュート:

弦の音を止めてミュートさせます。

 

チョーキング:

弦を引っ張ったり、押し上げたりして、音程をアップさせます。

 

それぞれのテクニックのやり方は、上達編で詳しく説明します。
今はとりあえず「こんな記号があるんだな」
ということを覚えておきましょう。


 

 

テレビ東京『ナナクロ7』でも紹介の人気上達マニュアル

 

アコギ