エレクトリック・ギターとの違い

アコースティックギターを始ようと思っている人で
エレキ・ギター(エレクトリック・ギター)とどちらを始めようか
迷っている人は多いでしょう。

 

また「今までエレキ・ギターをやっていて、アコギもやってみたくなった」
と思っている人も多いと思います。

 

アコースティックギターとエレキギターには、どんな違いがあるのでしょうか?

 

 

最大の違い

エレキとアコギの最大の違いは"アンプを使って音を出す"ことです。
これによって、アコギとは比べ物にならないくらいの音量を出すことができます。

 

もちろん、アコースティックギターでも、
マイクを向けて、生音をひろうことで大きな音を出すこともできます。
しかし、アンプで出したエレキギターの音とは全く違いますよね?

 

エレクトリック・ギターを使えば、多彩な音を作り出すことも可能です。

 

しかし逆に言えば、アコースティックギターは、
アンプ無しでも十分な音量を出すことができるとも言えます。
これは大きなメリットでもあります。

 

アコギ1本あれば、いつでもどこでも、コンサートやライブを開くことができます。
街中で弾き語りをしている人達も、
アコギ1本で手軽に自分達の音楽を演奏できていますよね?

 

またアコースティックギターは、エレキギターには無い豊かな音の鳴りと
幅広い表現力を持っています。

 

小さく繊細な音から、大きく力強い音まで、
演奏する人の指先ひとつで変化させることができます。

 

ジャ〜ンとコードを弾いた時の美しい響きを
エレキギターで再現することは不可能でしょう。

 

これもやはり、アコースティックギターの持つ大きな魅力です。

 

 

形と演奏性の違い

エレキとアコギでは、形も大きく違います。
アコースティックギターは、ボディーが大きく、中が空洞になっています。
対してエレクトリックギターは、ボディーに空洞が無い分、薄くて小さいです。

 

またネックの形も、エレキギターの方がかなり薄くて横幅も細くなっています。
エレキを経験した人がいきなりアコギを弾くと、かなり弾き難く感じるでしょう。

 

最近ではアコギでも、できるだけエレクトリックギターとの違いを少なくするため
ネックの細いモデルも作られるようになりました。

 

はじめてギターを始める人や、エレキギターを弾きなれている人は
ネックの細いアコースティックギターを選ぶと、
左手にかかる負担を少し減らすことができるのでおすすめです。


 

 

テレビ東京『ナナクロ7』でも紹介の人気上達マニュアル

 

アコギ