ギターの選び方

さて、自分がどんな種類のギターを持つべきなのか、決まったでしょうか?
次は、いよいよ楽器屋さんに行ってギターを手に入れましょう。

 

ここで困った問題がまたひとつ。
楽器屋さんにはたくさんのギターが置いてあります。
その中から、いったいどれを選べば良いのでしょうか?

 

 

まずは予算を決めよう

初心者の皆さんが、ギターを買うときに一番の決め手となるのが"予算"ですね?
どんなに良いギターがあっても、お金が足りなければ買うことはできません。

 

楽器屋さんでたくさんのギターを試してしまうと、
どれが良いのか分からなくなってしまいます。

 

ですから、予算だけは家を出る前に決めておいて、
それ以上の価格ギターはできるだけ目に入れないようにしましょう。

 

実際にお店に行く前に、ある程度絞り込んでおくことが
間違いの少ないギターの選び方です。

 

 

見た目で選ぼう

いよいよ楽器屋さんにやって来ました!
まず最初にすることは"見た目が格好良いギターを選ぶ"ことです。

 

ギターを買う時は、必ず試奏してみなければいけません。
いくら予算が決まっていると言っても、
目に入るギター全てを試していたら時間がかかり過ぎてしまいます。

 

ギターの見た目というのは、思ったよりも重要です。
ギターを練習するときに、格好悪いギターだと、やる気も起きませんよね?

 

逆に、少しぐらい音が悪かったりしても、
見た目が格好良ければ弾いていて楽しくなるはずです。

 

初心者のうちは特に、練習のモチベーションを維持するのが大変です。
見た目も格好良い、自分好みのギターで、楽しく練習しましょう。

 

どうでしょうか?
ここまでの選び方で、お店に並ぶギターから5〜6本くらいに絞れると思います。

 

次回は、さらに突っ込んだギターの選び方を紹介します。
いよいよ自分のための一本を決めましょう!!


 

 

テレビ東京『ナナクロ7』でも紹介の人気上達マニュアル

 

アコギ